フィリピンパブのルールを解説!おっぱい、やれる?お触りパブ・お触りバー!おすすめの風俗は何するところ?外人のおっパブ(スナック)で触るには?どこまで?おさわりパブ!

スポンサードリンク

 

フィリピンパブにもルールがあり、

お持ち帰りが公にOKの店はありません。

 

 

フィリピン移住者による現地情報、

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

フィリピンパブのルールを知っていますか?

 

 

フィリピンパブは基本的にキャバクラと同じで、

お触りやキスは禁止なのですが、

お触りパブならそれが許されます。

 

各店舗のルールを知って、

自分に合った風俗店を選びましょう。

 

 

 

フィリピンパブのルールって?おっぱい、やれる?お触りパブ・お触りバーって?フィリピンパブのおすすめや風俗は何するところ?

 

フィリピンパブは何するところなのか、

ルールや遊び方を紹介します。

 

フィリピンパブ以外にもお触りパブや

お触りバーと言われるところもありますが、

それぞれどこまでやれるのでしょうか。

 

 

フィリピンパブとは、

主にフィリピン人女性がサービスしてくれる

風俗(キャバクラ)です。

 

1時間あたり何円というようにお店ごとに

料金が決まっています。

 

入店するとお酒が出てくるので、

お酒を飲みながら女の子とお話したり、

カラオケで歌ったりもできます。

 

 

フィリピン人女性は美人が多く、

性格も明るく元気なので日本人男性に人気ですし、

個人的にもおすすめです。

 

普通にお話するだけでも楽しいですよ。

 

 

フィリピンパブには一人で行くこともできますし

個室も使えますが、おっぱいなどのお触りや

キスは基本的に禁止です。

 

相手の女の子が嫌がらなければ、

肩を抱いたりする程度なら大丈夫です。

 

ルールを破ると出禁になるので、

酔っぱらってやらかさないように

気を付けましょう。

 

 

お触り以上の行為は基本的に禁止ですが、

パブ嬢と仲良くなればお持ち帰りは可能です。

 

 

フィリピンパブはお気に入りの子を連れ出して

お持ち帰りすることもできます。

 

ですが、頻繁にアフターに誘ったり、

アフター目当てで店に行くとパブ嬢に

嫌われるかもしれないので注意しましょう。

 

 

 

外人のおっパブ(スナック)で触るには?どこまでOK?おさわりパブ!

 

こうしたルールがあるキャバクラや

フィリピンパブでは物足りないという人は、

おっパブに行きましょう。

 

風俗スナックの中でも、お触りありの店や

お触りバーなど、おっぱいを触れる店を

おさわりパブといいます。

 

 

おさわりぱぶ、通称おっパブですが、

どんな楽しみ方があるのでしょうか。

 

 

おっパブは何するところかというと、

お金を払って女の子たちのおっぱいを触ったり、

楽しい時間を過ごすところです。

 

合法的におっぱいを触れるなんて

夢のような場所ですね。

 

 

こうしたおっパブやスナックでは

おっぱいを触るのが認められているわけですが、

それ以外のことはどこまでできるのでしょうか。

 

 

おっパブでできることは

女の子の上半身やお尻へのお触り、

キスなどです。

 

下半身を触る、男性側が脱ぐ、

本番行為などは基本的に禁止です。

 

 

細かいルールは店ごとに決まっているので、

お店でよく確認しましょう。

 

 

フィリピン人などの外国人おっパブも多いですが、

日本人よりもグラマラスな体型の女性が多いので、

外国人パブおっぱいにハマる男性は少なくありません。

 

フィリピン人女性はノリが良いので、

こちらもとても楽しい気分になれます。

 

 

ただし、おっパブサはービス内容に対応して

キャバクラ以上のそれなりの料金がかかるので、

お金がない時にはまると危険です。

 

高い料金を払って入店するので、

行った際は思いっきり楽しみたいですね。

 

 

フィリピンパブやおっぱぶは、

最盛期には地方を含め日本全土にありました。

 

その後ビザの取り締まりなどで減少しましたが、

現在も東京以外にも、名古屋や愛知県の一宮にも、

こうしたおっパブやキャバクラがあります。

 

 

 

まとめ。フィリピンパブのルールについて

 

フィリピンパブやおっパブのルールを

お分かりいただけたでしょうか。

 

 

ルールを破ると、出禁になったり

パブ嬢に嫌われてしまうことになります。

 

それぞれのお店のルールを確認した上で

楽しみましょう。

 

フィリピンパブに目がない正彦も
自分と同じく、ガチャピンが大好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

日本に元気を失ってほしくないあなたへ。

 

あなたのコンサルティングで陽気な経営者を増やして

世の中を明るくしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る