man on fire(マンオンファイヤー)実話?映画マイボディーガードが実話との噂…マンオンファイア(man of fire?)とクリーシー

スポンサードリンク

 

man on fire(マンオンファイヤー)実話説が

巷に出回っていますが、もちろんこれは本当ではありません。

 

 

映画を楽しんでいる間もオンライン収入が

入り続けるようになるには?

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

「man on fire」という映画は

実話ではないかという話がありますが、

実際はどうなのでしょうか?

 

 

気になるこの映画の情報を

内容も交えて紹介します。

 

 

 

man on fire(映画)は実話?マンオンファイヤー(マイボディーガード)が実話、本当?

 

「ⅿan on fire」は

トニー・スコットが監督を務めた

2004年公開の映画です。

 

邦題は「マイ・ボディガード」です。

 

1980年公開、トニー・ビル監督の

「マイ・ボディガード」もあるので

間違えないよう注意してください。

 

 

もちろん、自分の友人が最近ダイエットのために

購入した「インファイアボディ」という

サプリメントとも違います(笑)。

 

 

話が脱線しましたが、

マンオンファイアの原作は、

小説「燃える男(マンオンファイヤー)」です。

 

そのリアリティーから「man on fire」は

実話ではないかと噂されますが、

結論から言えば全くのフィクションです。

 

 

「man on fire」という映画は、

邦題にもあるように

ボディーガードの映画です。

 

米軍で心も体も疲弊した主人公が

一人の少女のボディーガードをすることを通し

生きる希望を取り戻していくという話。

 

 

映画「man on fire」は

主人公のクリーシーをデンゼル・ワシントン、

少女のピタをダコタ・ファニングが演じています。

 

生きる理由を見失いってたクリーシーが

ピタとの仲を深めていく中で

変わっていく様子が見どころの作品です。

 

 

人間味溢れるクリーシーの姿に

「実話なのではないか」と

感じてしまう方がいるのも頷けます。

 

 

ではここからはマンオンファイアの

あらすじ以上のネタバレの内容も含みながら

解説していきます。

 

 

 

マンオンファイア(man of fire?)クリーシーの魅力

 

先述した通り、

「man on fire(マイボディーガード)」は

実話ではありません。

 

マイボディガードは

原作を元に作られたフィクション映画です。

 

 

ではなぜマイ・ボディーガードは

実話だという噂が流れるのか?

 

それは映画マイボディガードが

舞台であるメキシコの

実際の社会情勢を描いているからです。

 

 

man on fire(マイボディーガード)の

あらすじには、主人公が一人の少女の

ボディーガードをすることになったとあります。

 

当時のメキシコは

人身売買がビジネスになっていて、

誘拐事件が多発していた実態がありました。

 

そのため、ある程度お金を持っている家庭は

ボディーガードを雇うのが一般的だったのです。

 

 

そんなメキシコの事情があったからこそ、

マンオンファイヤー(マイボディガード)は

実話ではないか?と思う人が多いのです。

 

 

ⅿan on fire(マンオンファイア)という映画を

語るうえで欠かせない存在は、

なんといっても主人公”クリーシー”です。

 

ここからはman on fire(マイボディガード)の

ネタバレも含みます。

 

 

生きる希望を失い酒浸りになったクリーシーが、

ピタのボディーガードになることで生きる力を

取り戻していくというのが映画のあらすじです。

 

その生命力を取り戻していく過程が

なんとも格好いいのです。

 

 

ボディーガードをする中で

ひょんなことからピタが攫われてしまうのですが、

その復讐のためにクリーシーは覚醒します。

 

復讐のために今までの怠惰な生活は捨て、

トレーニングに明け暮れる命を張る様子は、

男でも惚れてしまう格好良さがあります。

 

 

物語のラストは原作とは違い、

ピタの命と引き換えに

自分の命を差し出すことでピタを守ります。

 

このラストは賛否両論あるものの、

守ると決めたものは死んででも

守り抜く男らしさが自分はとても好きです。

 

 

man on fireは、pitaとの関わりの中で

人としての優しさを取り戻す、

言ってしまえばありがちなストーリー。

 

ですがデンゼル・ワシントンの名演技も相まって

クリーシーが生きる希望を取り戻していく様子、

その後の復讐劇中のクリーシーへの共感にも繋がります。

 

 

ラストは悲しいですが、

プロフェッショナルとして最期を迎えられたのは

良かったのではないかなと自分は思います。

 

 

 

まとめ。Man on fireは実話?

 

”ⅿan on fire”は実話ではなく

フィクション映画であることがわかりました。

 

当時のメキシコに実際にあった人身売買や

誘拐事件といった実態を元に作られていることから、

実話ではないかと言われているのです。

 

 

復讐劇の爽快感、切なくも温かいラストは

ぜひ実際に鑑賞して味わってみてください。

 

 

デンゼル・ワシントンが好きなモーリー。

自分と同じく、ソフトサラダが好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

チャレンジする機会がほしいあなたへ。

 

このコンサルで

人生が変わる衝動的な稼ぎ方を手に入れて、成功者になりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る