北センチネル島の嘘って?北センチネル島出身の芸能人とドローン、北センチネル島と松本伊代…北センチネンタル島?センチネル島とドローン


 

北センチネル島の嘘で

自分が笑ったのは、やはり松本伊代でした(笑)。

 

 

インターネットを使って

どこに住んでも安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

「北センチネル島の嘘」

というワードが、

密かに注目を集め始めました。

 

それはいったい

どういうことなのでしょうか。

 

 

そもそも北センチネル島とは?

 

北センチネル島の謎について、

見ていきましょう。

 

 

 

北センチネル島とドローン!北センチネンタル島(北センチネンタル島?)とドローンの話題

 

北センチネンタル島は誤表記で、

正しくは北センチネル島です。

 

 

センチネル島とは、

どういった島なのでしょうか。

 

センチネル島にドローンを

飛ばしてみたという話が有名です。

 

 

北センチネル島はなんjで

度々話題にされています。

 

「北センチネル島へ行ってみた」

という企画すらあります。

 

 

北センチネル島には「センチネル族」

という民族が住んでいて、

言語はセンチネル語です。

 

 

インド領ではありますが、

北センネル島は完全に別物です。

 

 

北センチネル島をドローンで

撮影した動画が幾つかあります。

 

 

北センチネル島から

ヘリコプターを攻撃する民族が驚愕でした。

 

北センチネル島へドローンを飛ばしても、

攻撃される可能性が高いです。

 

北センチネル島では、

訪れた人がグロく殺害されています。

 

 

北センチネンタル島のドローン映像は

本物なのか定かではありません。

 

ですが、北センチネル諸島は

紛れもなく実在します。

 

 

北センチネル島は、

過去に日本軍が占領していた地です。

 

もしかしたら、過去に日本軍は

センチネル族と交流していたかもしれません。

 

 

北センチネル島は、

現在ではあり得ないほど

外部をシャットアウトしています。

 

 

南センチネル島の方は、

ビーチが綺麗な観光地です。

 

間違っても北センチネル島の

観光は控えてください。

 

 

北センチネル島では、

狩りや釣りで食料を確保しています。

 

そんなに大きくはない島なので、

部族が生き残れるのは

時間の問題でしょうか。

 

 

気になる人は、

ドローン北センチネル島を

検索してみてください。

 

north sentinel island drone

と検索すると、多くの画像も見られます。

 

 

 

北センチネル島の嘘は松本伊代?北センチネル島出身の芸能人

 

北センチネル島出身の芸能人がいると、

まことしやかに噂されています。

 

残念ながら北センチネル島から

芸能人は出ていません。

 

 

北センチネル島出身の芸能人では?

と、日本では松井伊代が上がりました。

 

結論から言うと、

北センチネル島出身というのは嘘です。

 

 

松本伊代が北センチネル島出身だと

言われているのは、デビュー曲の

「センチメンタル・ジャーニー」がきっかけです。

 

これが、センチネル島と関係があるのでは

と口にしたYouTuberがいるからです。

 

 

センチネル島の出身を隠して

実は言えない理由がある。

 

芸能界の闇などというのは、

ゴシップ的にとても面白いです。

 

自分もそういった説や、

陰謀論などは大好物ですが。

 

 

今回は違う話になってしまうため、

ここでは語りません。

 

 

北センチネル島をやらせだ

という人も多いようです。

 

そう思うほど、

完全に別世界となる珍しい島なのです。

 

 

 

まとめ。北センチネル島の嘘について

 

北センチネル島には、

観光であれ訪れることはできません。

 

 

無理矢理船をチャーターして乗り込むことは

不可能ではないかもしれませんが

政府が保護している島なので難しいです。

 

 

ましてや、

センチネル族は弓の名手揃いです。

 

近付こうとするだけで、

弓の雨が降り注ぐでしょう。

 

 

ヘリコプターからの撮影にも、

確かに弓を放っていました。

 

 

北センチネル島が外交を嫌うのは、

自分達の部族への防御からです。

 

また、攻撃的な部族であることは

マルコ・ポーロも記しています。

 

 

近年では2006年、

この島に近付きすぎた漁師が

殺害されています。

 

こちらが攻撃を仕掛けなくとも、

向こうは訪れてくる人を嫌うのです。

 

 

世界は広いことや便利なものが多くあること、

視野を広く持てるようにと諭そうとする

宣教師もいました。

 

ですが、彼らはそれを拒んでいます。

 

 

外部との接触を絶ち

自分達の生活を維持する。

 

不自由な生活に思えますが、

それがセンチネル族の望みです。

 

 

地球上の多くは、

ドローンやGoogleの登場により

解明されています。

 

ですが、アマゾンの奥地なども

こういった部族はいるかもしれません。

 

 

北センチネルについていろいろ教えてくれた純太。

自分と同じく元ネガティブ思考の人です(笑)。

 

 

最後に、

 

クライアントを興奮させるビジネスができないあなたへ。

 

コンサルでなりたい自分を見つけて

目標達成する人生を楽しみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授